2011年8月31日 (水)

なぜか、マンガにはまり・・・

我が家にはたくさんマンガがあり、わたしが読んだことの

あるのはその何分の一か。つい先日も、何もやる気がなく

マンガくらいなら読めるかな、という気分で「青のエクソシスト」

を読んだ。1巻を読み、「う~ん、これで止めようか」。2巻目に

入り、「ん?ちょっとおもしろくなってきた」。「ええい、続けて

読んでやれ」。結局6巻まで一気に読んでしまった。

もっと生産的なことをしたいけれど、こんな時もあるものだ。

ボーッとする時間も人生には必要。

そして今は「リアル」も読み、これから「プルート」に入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

のだめ カンタービレ

のだめカンタービレ (15)

最近お気に入りのコミック『のだめ カンタービレ』。

一年ほど前(?)に夫がどこかでおもしろいらしいと

いう情報を仕入れてきて,読むようになったもの。

型にはまらない演奏で自分の世界を作っている

主人公「のだめ」こと,野田恵。 周囲に受け入れられ

ないこともあるけれど,自分の演奏を貫いていく・・・いや

そうするしかできない不器用さがかえって親近感を

持たせられる。 相手役の,千秋真一が,幼少からずっと

環境を整えられた中で音楽の勉強をしてきたのとは対照

的なのが,またおもしろいところ。

このコミックを読んでいると,クラシック音楽の題名がよく

出てくるけれど,ちょっと聞いてみたいなぁ,なんて気にも 

なってくるのが不思議なところ。

『のだめ CDブック』なるものも発売されている。 知り合いに

持っている人がいて,貸してもらった!

ベートーヴェンなんて,よく耳にしているけれど,あらためて

聞いてみた『悲愴』,よかったなぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

スラム・ダンク・・・いまさら?!

最近、悲しいかな、活字を追う本を手にとっていない!

その代わりと言っては差がありすぎるか・・・軽く読み

流せるコミックに傾きつつある・・・と言うか、かなり傾いて

いる。

むか~し、テレビで放映していたころはまじめに(?)見た

ことがなかったのだけれど、『スラム・ダンク』を貸してくれる

人がいて、読んでみたところ、これが面白くて・・・♪

現実にはいそうにない・・・いや、絶対にいない、キャラクター

たちが活躍する試合は、たとえバスケットボールにあまり

興味のなかった人でさえ、確実に虜にする・・・すでにされて

いる!

個性豊か過ぎるキャラクターたちは、でてくるたびに強烈

な印象を与えてくれる。 イケメンで超ミラクルな試合運び

をされると、おばさんもノックダウンされてしまう!!

一冊なんて、あっという間に読み終え、続きはどうなるのか

とっても気になる! 

しばらくは桜木花道に心奪われている日々が続きそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

20世紀少年

20seiki1今日は、2年ほど前から読んでいるコミック、『20世紀少年』(浦沢直樹作)について、話したいと思います。

息子がまだ高校生の頃、友達からドーンと16巻借りてきたのが、このコミックとの出会いでした。

主人公、ケンジのグループが小学生の頃に秘密基地で作った予言の書どおりに、人類滅亡計画を進めていこうとするカリスマ指導者「ともだち」。 

人類を滅亡に追いやる細菌を作り出し、大混乱

に陥った人類を救い出すという自作自演の茶番劇を

繰り広げる・・・謎が謎を呼び,毎回、ハラハラもの。

根底には、ケンジたちのグループに入れなかった

「ともだち」のひがみ、悲しさがあるような・・・

「ともだち」が世界征服をしたかのように見えるものの、

またいつか元の世の中に戻そうと戦うケンジたちのグループ

が密かに活動していく。 

最近やっと20巻が出版され、これから読むのを楽しみに

しているところです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)