2015年10月 8日 (木)

「読書の秋」、続いてます

まだ、読書熱、続いています。わたしにしてはめずらしく・・・!

最近読んだのは、「武士道セブンティーン」、「世界の果ての子どもたち」。

市立図書館で「武士道エイティーン」を予約してたので、もうすぐ

それも読める!!「武士道…」に対して「世界の・・・」は、かなり重い。

こんな子どもたちもいたのかと、ショックを受ける。自分の無知が

恥ずかしくなる。戦争は憎しみをうみ、憎しみは連鎖していく。

3人の主人公たちがそれぞれの厳しい生活の中で戦争を生き抜き、

数十年後に再会を喜び合うのがせめてもの救い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年9月15日 (火)

始まりは「ソロモン…」ではなかった

よくよく考えてみると、今回の読書ブームは

あさのあつこ「ランナー」が始まりだったような気がする。

その後、「たまゆら」、東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、

桐野夏生「たま萌え」、と続いた。

お盆の前後からだから、わたしにしては驚異的な(?!)

読書量。いつからか、「読書なんてしてる暇はない」と考える

ようになっていた。ずいぶん損をしていたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|